読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性リウマチに必要なこと6

このブログは真剣にリウマチに悩み苦しんでいる男性の方やそのご家族の方に向けてお伝えしています。少しでもリウマチの症状や気持ちに余裕がある方は控えて下さい。 お願いします…

 

今回は、

『男性リウマチに必要なこと6』

についてお話します。

前回は、

細胞についてお話しました。

60兆個のあなたの細胞は、

あなたが食べる食べモノから栄養をとり作られます。

そして、

古い細胞などのゴミやカスを尿や便から

出していきます。

あなたのカラダはその繰り返しで新しい細胞へと

どんどん変わっていきます。

では今回は、

血液冷えの関係

についてお話します。

よく講演会で聞くのですが…

『あなたは冷え性ですか?』
・・・

現代は自分が冷え性だと自覚する人の割合が

多くて、その中でもとくに女性の割合が

全体の約7割だと調査結果で判っています。

ただ…女性は筋肉量が少ないために冷え性

なりやすいのですが、

近年の運動不足や過度のストレス社会によって

男性にも冷え性になる傾向が増加しています。

体温は外の気温の影響を受けるため、

今のような寒い時期はさらに冷えが加速して

しまいます。

カラダが冷えれば血流がかなり悪くなりますし

リウマチの最大の敵でもあります。

ただの肩こりや頭痛だけでなく、

関節の痛みや関節の動き、朝のこわばりにも

ダイレクトに影響を与えます。

ボクは末梢血流不全という病気と診断され

入院した時もありました。

末梢血流不全とはカンタンにいうと、

血液が手足の先まで行き届かない

病気のことです。

その症状はリウマチと診断されるわずか

数ヶ月前のことでした。

手足がしびれてその表面は濃いムラサキ色を

していました。

今思えば、その症状はリウマチの症状でもある

レイノー現象だったと思います。

レイノー現象は、冷えとも関係はしていますが

循環障害がおもな原因です。

カラダの中の炎症によって血の流れが阻害され

血の流れが悪くなるということです。

血の流れが悪くなれば、

細胞や免疫などカラダ全体に支障を起こして

しまいます。

よく、カラダの体温が1度さがれば

免疫力が30%以上落ちると聞いたことが

あるかも知れませんが、

体温と免疫力は密接に繋がっています。

もしあなたの体温が低くければ、

あなたの免疫力は落ちているということです。

まして、今のような寒い時期での暖房などで

ノドや鼻の粘膜も同時に乾燥させると、

さらにウイルスなどのカラダへの進入し、

弱った免疫力では対抗できなくなります。

あなたのカラダはウィルスや病原菌に汚染され

血液にのってカラダのあちらこちらに菌を

バラまかれてしまいます。

そして、カラダ全身が汚染された状態では

関節の痛みはもちろんリウマチ自体が悪化

してしまいます。

カラダを冷やせば血液の流れが悪くなり、

栄養や酸素がカラダ中に行き届かなくなる…

すると、

あなたのカラダの元となる細胞の一つ一つにも

同じような現象が起こり細胞自体の機能も

落ちてしまいます。

f:id:horiesky:20170227082714j:plain

細胞の中でもとくに、

ミトコンドリアというエネルギーを作り出す

機能があるのですが、

その機能も必然的に衰えてしまいます。

酸素や栄養は血液によってカラダ中の細胞に

取り込まれミトコンドリアの燃料として

使われています。

そして、糖や脂肪などの栄養を分解する時に

エネルギーを発生させ、

そのエネルギーによって体温を保っています。

ですので、カラダを冷やすということは…

細胞内のミトコンドリアの燃料も落ちてしまい

体温を保てず低体温のカラダへと引きずり

込まれます。

そうなれば、

リウマチの悪化も免れなくなります。

・・・

『男性リウマチに必要なこと6』

カラダを温めることに意識を持つことが

リウマチの症状を改善するカギになります。

カラダが温まれば血行が良くなり、

細胞は元気で活発になり代謝(カラダの流れ)も

スムーズに働きます。

代謝(カラダの流れ)が活発に働くことで、

カラダ中に栄養や酸素が順調に運ばれ

ウィルスや病原菌をたおす免疫達もラクに仕事を

こなすサイクルが生まれます。

そして、リウマチの原因とされる腸内環境や

排泄機能までもスムーズに働くことができ、

カラダに溜まったゴミ(老廃物やカス)が

キレイに除去されていきます。

『免疫と冷えの関係』

冷え性を根本的に改善するには、

もちろん、あるていど時間はかかります。

しかし、

冷えをカバーすることはカンタンにできます。

・・・

6年間の闘病生活で毎日のようにボクは

カラダを動かすことが困難な状態でした。

朝の目覚めのひどいこわばり…

寝がえりでの激痛でなんども目を覚まし…

とくに秋から春先にかけてカラダは

いつもブルブルと震えていました。

次第に筋肉も体力も落ちていき…

やる気さえも失われていきました。

秋になればカラダが冷えることにビクビク

していました。

もちろん、寒さ対策のために

温かい格好や食べモノや飲みモノなど積極的に

取り入れました。

が、

そとに出れば、外気温に寒さをあおられ

どうしてもカラダの冷えが気掛かりでした。

走れ!と言われても…

カラダを動かせ!と言われても…

動けないボクには、

どうすることも出来ませんでした。

冷え→血流悪化→免疫低下→細胞衰え→低体温

細胞に栄養や酸素を供給さえすれば、

ミトコンドリアがエネルギーを起こし、

体温を上昇させます。

冷えは女性だけの問題だけでなく、

男性リウマチにとっても深刻な問題です。

もしあなたが、

ボクのようにカラダを動かせられず

冷えによって血の流れが悪い…

免疫自体が低下している…

カラダを温めてもリウマチが改善しない…

というのであれば、

効果的な方法をご紹介します。

講演会や直接、お話をよく聞くのですが

かなり評判が良く効果的なので試す価値が

あると思います。

で下記にご紹介します。

・・・

ボクは6年間さまざまなことに取り組み、

実践してきました。

『このままではなにも変わらない…』

と、いつも焦ってばかりいました。

そんなこと意味あるのか?

お金がもったいないから…

もっと良いものがあるのでは?

と疑いながら正直、なにもしませんでした。

その結果、リウマチは次第に悪化していき

カラダ中の関節に激痛がはしり、

着替えることも歯を磨くことも歩行さえも

困難になってしまいました。

両手足の手の指関節、手首や足首、両アゴ、

両肩と両ヒジ、両ヒザ など…

ありとあらゆる関節の激痛に苦しみながら

ようやくいろんなことに取り組み始めました。

それは単に、余裕が無くなったからです…

『なにも変わらない!』

と、焦りながらさまざまな知識や情報を

学んだとしても…結局、

『効果があるのか?』

と疑い、

『でもお金がもったいない…』

とやってもいないのに、

行動することさえしませんでした。

なので、もし現在あなたがボクのような

辛くて苦しい状態ではないのであれば、

今いろんなことに取り組む必要があります。

そして、実践すればするほど

それがあなたの結果や自信となり

行動力はもちろん気持ちや考えまでも大きく

変化するはずです。

ましてボクには、幼い子供がいたので

より一層いろんなことに挑戦する決意が

固まりました。

そうなれば、

リウマチの症状にも必ず反映されていきます。

それはボクが証明できます。

・・・

講演会や直接、お話をよく聞くのですが

かなり評判が良く効果的なので試す価値が

あると思います。

↓↓↓

効果的な方法

 

下記の「記事一覧」から、

最新の記事を見ることができます。

どうぞよろしくお願いします。